自分の血圧を正しく知るには?

  1. ホーム
  2. 高血圧を知ろう
  3. 血圧が高いとどうなるの?
  4. 自分の血圧を正しく知るには?

監修:大阪大学大学院医学系研究科
老年・総合内科学 教授 楽木 宏実 先生

血圧はつねに変動しており、診察室での測定でわかるのはある一時点の値にすぎません。診察室での血圧は正常でも、朝や職場、夜に血圧が高い人もいます。これらは高血圧としての治療が必要ですが、家庭や職場で血圧を測らないかぎり発見できません。また、現在高血圧と診断されていない人でも、家庭で定期的に血圧を測ることで、現在の体の状態を把握し、将来の病気の発症を予防することにつながります。
最近は手軽に、精度よく測定できる血圧計が普及してきました。ただし、家庭血圧を測るときにはいくつかの注意点があります。以下のポイントを守って、自分の血圧を正しく知りましょう。

血圧の正しい測り方

(高血圧治療ガイドライン2019を参考に作図)

ページトップへ戻る