どのくらいの人がかかるの?

  1. ホーム
  2. 高血圧を知ろう
  3. 血圧が高いとどうなるの?
  4. どのくらいの人がかかるの?

監修:大阪大学大学院医学系研究科
老年・総合内科学 教授 楽木 宏実 先生

現在、日本の高血圧患者数は約4300万人と推定されています。そのうち治療により血圧が適切にコントロールできている人は少なく、27%です。また、4300万人のうち、自分が高血圧であることを認識していない(診断されていない)人は、33%いると推計されています1)

どのくらいの人がかかるの?

年代別の高血圧の人の割合

高血圧の発症は加齢とともに多くなり、60歳代では男性で72%、女性で51%、70歳以上では男性で76%、女性で74%が高血圧であることが報告されています。また、20歳以上の人全体で、男性では60%、女性では43%が高血圧であるとされています2)

年代別の高血圧の人の割合

(有病者:収縮期血圧140mmHg以上、または拡張期血圧90mmHg以上、もしくは血圧を下げる薬を服用している者)

  • 1)
    日本高血圧学会.高血圧治療ガイドライン2019
  • 2)
    平成30年国民健康・栄養調査
ページトップへ戻る